H29年5月18日にAGC旭硝子のメーカーの方が来てブラスト用重曹『エコブラスト』を当社オリジナルウェットブラストマシン『Reborn』のハイパワータイプのスペシャル仕様を使って様々物をブラストしてみました。重曹の良いところはメディアが水に溶ける事です。エンジン内部にメディアが残留するのが皆さん一番気になるのですが、このエコブラストを使えば特に高温の熱を掛ければ(スチーム洗浄機等で)完全に水に溶けて無くなるという事です。しかし、ガラスビーズの様な洗浄効果の持続性がないという欠点が有ります。基本は使い捨てだそうです。重曹なのでそのまま排水口に流しても問題ないそうです。メディアの単価はガラスビーズと変わりないのですが、、、。使い捨てとなるとランニングコストがどうしでも掛かってしまいます。あと、あまり長い間水に浸けたままにしてるとブラスト内で水に重曹の粒が溶けてしまい粒子が無くなってしまいます。ブラストは粒子の粒が無いと効果が著しく無くなってしまいます。単なる洗浄機になってしまいます。確かにコッテリと付着した油汚れはとても綺麗に落ちました。しかし、ウェット特有のしっとりとしたツヤはあまり出ません。少し白っぽくなります。エンジン内部専用のアイテムと今は考えておりますが、これから研究を重ねて画期的な物を考えてみます。尚、エコブラストは商社を挟んでの販売商品になります。当社では販売できませんがメーカーに問い合わせて頂くと購入できる販売店を紹介してくれると思います。http://www.agc-chemicals.com/jp/ja/products/detail/index.html?pCode=JP-JA-C011